美しい歯のために

他の治療とは一線を画する審美歯科

歯医者で虫歯以外の治療を行っていることは、今や常識だと言えるでしょう。言い換えれば、現在の歯医者は様々な治療を行っていますので、もっと有効活用すべきだと言えます。 歯医者が行っている様々な治療の中で、比較的新しい治療が審美歯科です。誕生したのは1990年代のことであり、発症の地はアメリカのロサンゼルスです。 審美歯科は歯医者が行っている治療の中で、明らかに他の治療とは一線を画する治療です。なぜなら、審美歯科の治療は、歯の見た目を改善する目的で行われる治療だからです。 一般的に歯の治療は、歯の機能を改善することを目的にしています。しかし、歯は顔に位置している、つまり人目につく場所に位置していますから、見た目も重要です。歯の見た目1つで、その人の印象を大きく左右してしまうことも頻繁にあります。ですから、審美歯科の治療は他とは違いますが、極めて重要なのです。

今や日本人も歯の見た目を気にする時代

アメリカでは、歯の管理ができない人は出世できないと言われているそうです。従って、アメリカでは歯の見た目は重要視されています。そして、アメリカだけではなく、ヨーロッパ各国でも歯の見た目は重要視されていると言えるでしょう。ですから、審美歯科は誕生したのち、瞬く間に欧米各国に普及しました。 一方、日本人は、歯の見た目に無頓着だと言われています。風刺画に描かれている日本人が出っ歯であったり、歯の並びが不揃いであったりするのは、その為でしょう。 しかし、最近の日本人は歯の見た目も気にするようになっています。ですから、審美歯科の需要は高まっていますし、歯医者も審美歯科の治療を行うところが多くなっています。この先、この傾向は強まることでしょう。