歯の矯正を行う

歯並びを綺麗に治療することは、長く健康的な歯を維持することに繋がるのです。こうしたことはあまり多くの人には知られておらず、矯正歯科治療などはどうしても審美性を高めるための治療と認識されてしまう傾向にあるのです。しかし歯並びを綺麗にすれば、歯が重なり合ったり突出するということが見られなくなり、歯ブラシが隅々まで届き虫歯リスクを飛躍的に抑えてくれるのです。そのため矯正歯科治療をきちんと受けた人は80歳や90歳でも入れ歯や差し歯の必要が無く、自分の歯で食事をしている人も多いのです。矯正歯科治療は歯の表面にワイヤーとブラケットを装着し微弱な力を加えて歯をうごかしていきます。この治療は健康保険適応外の自費治療であり平均的な治療費の相場は100万円以上となっているのです。

しかし100万円と言う治療費は、上顎とした顎の両方を治療した際にかかる平均相場なのです。上顎だけや部分的な矯正治療になると、かなり治療費は安くなる傾向にあります。また最近では歯の表面に装置をつけない、見えない矯正歯科治療のも人気が高いのです。インビザラインと言う透明のマウスピースを用いる治療法であると、その費用は80万円前後と安くなる傾向にあるのです。このインビザラインは歯に直接装置をつける手間暇が無いので、その分リーズナブルに治療ができるのです。しかしワイヤーやブラケットほどの圧力がなく、比較的歯を動かす力が弱いために、従来の治療法よりも治療期間が長引く傾向にあるのです。またインビザラインは自分でマウスピースを取り外せるので、装着し忘れることが度々あると、その分治療期間が延びてしまうのです。