昔と今の矯正歯科治療

以前と現在の矯正歯科

以前では矯正歯科は多くの方がイメージする歯の表側に金属を付けて痛い思いをする場所という観念だと思いますが、最近では痛みを和らげてくれる矯正装置が発明されています。また矯正は治療期間も長くてご飯も食べにくいというイメージもありましたが、今では自分で装着ができ、食事の際には取り外して食べるという器具もあり矯正歯科では日々進化しています。そして装着期間も平均的には2年から3年ですが、場合によっては1年半でできる場合もあり、治療期間の短縮により矯正歯科に支払う治療費も安くなる場合もあります。矯正歯科でも、小児矯正専門や大人専門など矯正歯科も扱う装着器具を最新技術を取り入れたりしている医療機関もあります。

患者さんに合った多様化する治療方法

以前と比べて最近では患者さんの希望に応じて治療を選べるようになっています。矯正のタイミングや治療費などそれぞれのライフスタイルに合った治療を見つける事ができるようになりました。しかし、治療期間が短くなってもやはり矯正は健康保険適用外なので、どうしても高額になります。よって患者さんと矯正歯科での金額のトラブルもあるので、事前に治療内容や全体の治療費などを説明を良く聞いておく必要があります。場合によっては、別料金がかる場合があります。そして最新の装置で症例数が少ないために問題がある場合もあるので、他の矯正歯科の意見を聞いてみるとトラブル回避になります。また、矯正歯科は医療費控除の対象になりますので、治療開始時期のタイミングも大事です。